ホンドクロオオクチキムシ Upinella fuliginosa (Mäklin, 1875).

昨晩、久しぶりに車で7,8分ぐらいのところにある雑木林がメインの公園に行ってみた。(昨年は、一度も行かなかった気がする。)

気温も高かったせいもあり、クワガタを筆頭にした昆虫達も活発に活動していたが、幾つかの昆虫達の写真を撮って帰って来た。

大きさは、体長12ミリぐらいであったであろうか。

種名は、ホンドクロオオクチキムシ(オオクチキムシ)。

最近、我家の敷地で見かけたナミクチキムシの投稿をしたばかりであったので、ナミクチキムシかなとも一瞬考えたのだが、ホンドクロオオクチキムシとナミクチキムシは、区別が付きやすい。

先ずは、脚の長さ……ナミクチキムシの後脚なんかは、尾端を少し出るぐらいの長さしかない。

あとは、腹部背側の上翅の形状である。ナミクチキムシを筒型と形容すると、ホンドクロオオクチキムシは、頂上と思われる付近から尾端に向けて緩やかに下降しており、所謂猫背型と言えるかもしれない。

今回、私が見た個体は、大きいとの主観は持たなかったので、大きさの言及はやめておく。

さて、このホンドクロオオクチキムシの分布は、北海道から九州辺りまで。海外の分布は、学名での検索だと、ちょっと分からなかった。

ウスモンツツヒゲナガゾウムシ Ozotomerus japonicus japonicus (Sharp 1891)

昨晩、我家の外灯下に来ていた甲虫の一つである。

大きさは、体長8ミリちょっとぐらい。

種名は、ウスモンツツヒゲナガゾウムシ。

上の写真の個体のように、触角の中央に瘤があるのは、オスの特徴であり、メスは、触角の先にオスと同じように丸まりがあるだけである。

朽木や薪の中で育ち上がって来るゾウムシのようである。

国内での生息分布は、本州以南……九州まで。国外での分布は、韓国にいるのは想定内なのだが、興味深いのは、北米大陸のnew england 地方でも散見されているようである。

コブマルエンマコガネ? Onthophagus atripennis (Waterhouse,1875)

最近、我家の庭で見かけるエンマコガネの仲間である。

大きさは、体長8ミリぐらい。

写真は、先ほど夕暮れの中で撮ったので、どうしてもピンボケになってしまったが、再度昼間の明るい時に、再チャレンジしてみようと思う。被写体は、必ずいると思うので……。

必ずいると断言できるのは、意図的に誘き寄せたので、その誘因する物体がある限りはいると思うのである。ちなみに、誘引する物体というのは、刺身に下ろして食べようとしていた小さい真鯛丸々一尾である。忙しくて、料理出来ずに腐らせてしまったのだが、水分が多すぎる生ゴミを出すのも気がひけるし、庭の片隅に置いておいたら、どんな生物がやってくるのか観察してみることにしたのである。

ただ、最初のうちは、周りにダンゴムシしが現れるだけで、4、5日が経過した。その後も、鯛は、綺麗な干物に仕上がっていくだけで、変化なし。

あまりに表面的に変化がないので、地面と接してる面と天地返しでもしておくかとひっくり返したら、予想外の光景が広がっていた。ひっくり返した途端に、黒い甲虫達が、地面へと猛スピードで潜り始める。そして鯛の方も、表面から見ると変化なしだったものの、裏側に空いた穴から中を食べていたのか、結構スカスカになっている。

そんな地面へと猛スピードで潜ろうとしていた甲虫達のひとつが、上の写真の甲虫である。もう一種、もうちょっと大きいのも居たのだが、そちらは今のところ捕獲出来ていない。

ここで、好奇心が生まれた。この表側は綺麗なままに、地面と接した面から慎重に食べるのは、戦略なのであろうかという事である。もし、一心不乱に表側に出て食べていたら、カラス等の鳥の格好の餌になってしまうと思ったのである。どうなのであろう。

さて、このコブマルエンマコガネの分布は、日本と韓国に集中しているようである。また、上の写真の個体は、おそらくメスで、オスの方は、もっとコブやツノが強調されるようである。

ただ、今回のこの実験は、本当は、もっと一瞬で終了すると予想していた。野良猫か、近所の野生の哺乳類達に持ち去られると踏んでいた。そして、そうなった時には、犯人を突き止めるために、トレイル・カメラを仕掛けようと考えていた。

たまたま、お腹を空かせた哺乳類は、家の近所に居なかったようである。