クヌギカメムシ属の卵 Urostylis sp.

ちょっと前に、ウスバフユシャクの投稿をしたが、このウスバフユシャクの雌を見つけてみようと、少し冬枯れの雑木林内を散策してみた。15分程度の散策だったと思う。

生体反応は皆無に等しく、一回だけ、飛翔スピードがある小さな蛾を遠目に目にしただけであった。隣接した人工池(水は湧水である)を、もしかしたらアカガエルの卵でもないかと、氷の隙間を見て回るが、池の方にも生体反応は感じられなかった。

そんな中、無数にあるクヌギの樹肌の割れ目に、生き物らしいものを見つけて写真に撮ってみた。しかし、無数にあるクヌギの木の全てにいるわけではなく、いる木を見つける方が難しいので、早い段階でその木に巡り会えた事は幸運だったと思う。

大きさは、長さ1センチぐらいである。サイドに見える白い毛束のようなものが、蛾の幼虫の毛虫っぽくも見えなくないが、こんな寒い時期にこんなに凸凹した奇妙な幼虫がいるものであろうかとは感じていた。この時点では、逃げたり動いたりといった気配は感じなかったが、それも寒さのせいであろうと思っていた。

帰宅後、直ぐに調べてみたところ、蛾の幼虫ではなく、昆虫の卵である事が分かった。

その昆虫は、クヌギカメムシ属のどれか(一応、日本では、クヌギカメムシ、ヘラクヌギカメムシ、サジクヌギカメムシの3種が知られている)なのだが、確かに、この森にはクヌギカメムシ属の何れかがいるのは知っている。

大体11月ぐらいに産卵され、暖かくなった頃に、この粒々から1匹1匹孵化して来るとのことである。そして、この粒々が栄養満点であるらしく、クヌギカメムシの幼虫は、この卵の中で3齢まで成長して外界へとデビューして来るらしい。ちなみに、サイドに見える白い毛束は、中の幼虫が呼吸するための呼吸官の役割を持っているようである。

クヌギカメムシ属の何れかの成虫の投稿は、過去に、クヌギカメムシ?としてしているので、そちらを参照して頂きたい。

さて、このクヌギカメムシ属の生息分布は、調べてみたのだが、想像以上に情報を見つけられなかった。ただ、国内は、北海道から九州までは生息しているようである。海外は、納得のいく情報に辿り着けなかったが、樺太や千島列島や、朝鮮半島や中国の北東部に生息していると書かれている方もいた。

上記の3種のクヌギカメムシ達も、とても小さな差異で区別されているので、どのような隔たりで独自進化したのか気になるところではあるが、外見的な小さな差異を紹介するページはあっても、どういう背景で、その差異が生まれたのかを追求しようとするページには出会えなかった。想像より難しい種だと知る事になった。

一応、幼虫の時の色が、クヌギカメムシは赤っぽい色が入ってるという事(これは絶対なのであろうか?)なので、最近見つけた卵塊を少し持ち帰って育ててみて、孵化してきた幼虫の色合いを確かめてみたいとは思っているのだが……。

ウスバフユシャク? 雄 Inurois fletcheri Inoue, 1954 2nd

最近、コンビニの駐車場で停車中に、少し離れたアスファルトの上を、白っぽい落ち葉のようなものが舞っては落ち、舞っては落ちの繰り返しをしている光景を目にした。最初のうちは、蛾なのか落葉の欠けらなのか確証が持てなかったが、無風に近い日に、単体で舞っていることから、蛾に違いないと思い、車中に出て歩み寄り写真に撮ってみた。

そして、おそらく、今年になって初めて出会った生体の昆虫であるとも思った。

大きさは、前翅長で12ミリぐらい。

この時期に活動出来ていることから、フユシャクの仲間であろうとは想像が付くが、近隣で、これまで出会ったフユシャク達を思い返すと、紋様の個体変異が大きいのか、種を特定する際に紛らわしい個体が多いようなイメージを持っている。(もしかしたら、個体変異ではなく、個体群変異ではないかと思い始めている今日この頃である。)

と言う事で、上の写真の個体もウスバフユシャクと思うのだが、タイトルには、一応、ウスバフユシャク?とクエスチョンマークを付ける慎重さを持ってみた。ウスバフユシャクの特徴として、外横線の外側に白いラインが隣接していると紹介されている方が居たが、確かに上の写真の個体には、その部分にハッキリと白いラインが見て取れる。

さて、このウスバフユシャクの生息分布だが、ちょっと調べたら、日本以外では見られないようである。きっと海外には、そっくりで違う学名のフユシャクが存在するんだと思われる。

また、日本の生息分布も、暖かい地域より冷涼な時期がある地域に多いのではと予測している。(現段階では、しっかりと裏は取っていないが、地球温暖化傾向の昨今、生息数や生息域にどういう変化が現れているのであろうと興味も湧く。)

ところで、このフユシャク亜科の蛾の大きな特徴として、雌に翅がない事が挙げられる。翅がない事のメリットと言うと、しっかり調べてはいないが、私の経験上、落葉して明るくなった見通しのスッキリした雑木林で、春先に活動し始めた蛾が一旦飛んでしまうと、一瞬で何処かの枝に止まっていた鳥達に発見されて空中で見事に捕食される場面を多く見ているので、幹上で目立たない行動をしている事は、良い生き残り戦略のような気はする。

さて、最後に、3回目のフユシャク亜科の蛾の投稿に当たって、この雌に翅がないという事実から起こり得る事態が、漠然とではあるが、私の頭の中に浮かび始めた。この翅のないフユシャクの仲間の雌が、一生のうちに何百メートルも歩いて移動するとは考えにくいのである。現代では、雑木林の近くの落ち葉を腐葉土作りにと大きなビニール袋に入れて持ち帰っている人達も目にするが、基本的に自らの意思による移動の殆ど考えれれない種なのかなと思いたい。

そうなって来ると、孤立した雑木林に暮らすフユシャク亜科の蛾達は、雑木林が開発等で消滅する際には、生き残り難い種なのかなとも思いたいし、今、見掛けれるフユシャク亜科の蛾達は、人間がその地に現れるずーっとずーっと前の太古から、その地で繁殖し続けている昆虫なのかなと思えたりして、昆虫って奥が深いなぁと感じてしまう本年1回目の投稿となった。

ヤネホソバ? 成虫 Eilema fuscodorsalis (Matsumura, 1930)

ヤネホソバの成虫というものが、近隣で見かけるヒトリガ科コケガ亜科の蛾達のうち、どれなんだろうとの疑問を常々抱き続けて来ていた。

という事で、秋に限りなくヤネホソバの幼虫であろうと推測して捕まえていた幼虫を、あわよくば成虫に羽化する事を目論み、飼育していたのだが、最近、そのうちの1匹が運良く成虫に羽化してくれていた。

以下が、その羽化した個体である。

飼育下で貧栄養のまま蛹になった可能性も考えられるが、羽化して来た個体のサイズは、私が予想していたより、ずっと小さい。上の写真の個体で、体長で12ミリぐらいしかない。

あと、私が知りたかったのは、この蛾の下翅の色であるが、飛んでいる瞬間に目にする限り、上翅よりは、濃いが、物凄くハッキリとした黒や濃い灰色といったいった感じはしなかった。

という事で、自分の中では、一応、上の写真の個体が、ヤネホソバの成虫なのかなと結論付けたく思っている。

ところで、このヤネホソバの幼虫は、毒毛針を持っているという情報の真偽だが、ヤネホソバの幼虫の投稿の時には書けなかったが、後日、ヤネホソバの幼虫と考えられる幼虫を、人差し指の甲で触ってみたことがある。どうせ、意識できるような影響は起きないであろうと予想を立てていたのだが、触れてから一時間後ぐらいからは、明らかに、触れた指の甲の部分が薄らと赤くなり、同時に固くなり、痒みの症状が現れ始めた。物凄く痒くて、集中力を奪われるというまでは行かないものの、なんか虫に刺されて痒くなってしまったなと感じるような状況にはなった。そして、痒みは6時間ぐらい続き、その後は、自然と知らないうちに影響は収まっていった感じである。

最後に、ヤネホソバの幼虫の投稿でも触れたが、このヤネホソバの生息分布を以下に記しておく。

この蛾の生息分布の方は、国内は、本州以南……九州近海を経て、沖縄本島含む南西諸島まで。海外の生息分布は、ちょっと辿り着けなかった。