クロハナムグリ Glycyphana fulvistemma (Motschulsky, 1858)

数日前に近隣の野原で見かけたハナムグリである。

こんな黒い艶消しのハナムグリを過去に見たことがあったであろうか、それとも記憶から出てこないだけで、過去に既にブログに投稿していたであろうか、どちらの記憶が正しいのか正直分からなかった。

確認した所、未投稿の種と分かった。故に、投稿してみようと思う。

大きさは、体長で13ミリぐらいであったであろうか。

種名は、クロハナムグリというらしい。

同時期に、近隣でコアオハナムグリには、よく出会えるが、このクロハナムグリに出会ったのは初めてである。ちなみに、昨年は、ヒメトラハナムグリという種と初遭遇できたのも記憶に残っている。

さて、このクロハナムグリだが、大体5月ぐらいから見られるハナムグリで、生殖活動及び産卵活動を終えると寿命を全うする個体が殆どで、おおよそ一年の寿命のサイクルを持つハナムグリらしいが、稀に、翌冬を越冬する個体もいるとのことである。

生息分布の方は、国内は、北海道から九州を経て、沖縄本島含む南西諸島まで。北方領土からの報告もある。海外は、朝鮮半島からロシア沿海州南部にかけて……樺太からの報告もあるようである。他にも、台湾やインドシナ半島にもいるようである。

オオバギボウシ Hosta sieboldiana (Hook. ) Engl. var. sieboldiana(1888)

先週末に、茨城県と栃木県の県境付近、標高300メートル付近で、少しだけ動植物を観察する時間があった。

ふと、林道の開けた陽射しの当たる場所で、以下の植物が目に飛び込んできた。

私の心の中での、第一声は、「ギボウシじゃん。しかも超でっかい。」であった。

今まで、我家の近隣の平地で、野生のギボウシを見かけることはあったが、どれも、上の写真のギボウシより5分の1ぐらいは、小さく、もっと葉っぱの色が濃いギボウシである。この平地で見かけるギボウシが、元々自生していたのかは分からないが、花期に薄紫の花を咲かせている時期には、綺麗な花の色合いだなと見惚れてしまうのも事実である。

さて、今回のこの巨大なギボウシの種名はと言うと、これがオオバギボウシという種だと思いたい。花はコバギボウシの薄紫と違い、白色らしい。そして、平地で見かける野生のギボウシの方が、コバギボウシなのではと思いたい。もしかしたら、もっと細分化されているかもしれないが、取り敢えず、この2系統は気温で棲み分けをしているのが読み取れる。

基本的に、高緯度や山地等の涼しめの環境で生育しているのが、オオバギボウシで、西日本とかにあるのがコバギボウシと読み取った。

ところで、この上の写真の個体も、微妙に葉の端の方が色が薄く覆輪の形で斑が見えるが、こうした中から日本人が選抜し、楽しんでいたであろうギボウシを江戸時代ぐらいに、ヨーロッパへと持ち帰ったものから、現代の海外の斑入りを始め、様々な改良されたホスタがスタートになっているのかなと想像した。

一応、オオバギボウシの分布を簡単に書いておくと、国立科学博物館が日本の固有種と紹介しているページがあったが、なんとなく、隣国の同環境には生息してそうな予感もする。

サカハチチョウ  Araschnia burejana (Bremer, 1861)茨城栃木県境付近 標高300メートル

昨日、茨城県と栃木県の県境付近、標高300メートル付近で、少しだけ動植物を観察する時間があった。

すると、1匹の蝶が目に入った。2枚しかシャッターチャンスはなかったが、かろうじて飛び立つ前に姿を捉えれたのが以下の写真である。

アカタテハにしては、随分と小さいと感じたが、調べたところ、サカハチチョウという蝶らしい。紋

様から推察するに、多分、オスではないかと思う。このサカハチチョウという蝶は、春型と夏型とで別種と思われるぐらい色合い含め紋様が変わる蝶としても知られている。上の写真の個体は、春型である。

幼虫の食草は、イラクサ科のコアカソアカソが知られているが、ヤブマオやイラクサもいけるとの情報を読んだ。

生息分布の方は、国内は北海道から九州まで。海外の生息分布は、朝鮮半島からロシア沿海州南部まで………樺太にもいるようである。この分布からも分かるように、北方系の種のようで、この辺が、平地で殆ど見かけられない所以のひとつかもしれない。

また、ヤブマオメヤブマオは、平地でも見れる植物だが、この蝶が近隣の平地に降りて来ていない状況を考えると、好みの気温を捨ててまで、暑い里に降りてくる必要性は感じていないのかもしれない。

各都道府県が独自に定めるレッドデータでは、鹿児島県と長崎県が、絶滅危惧Ⅱ類に指定している。