アカヒレタビラ

少し前に、ヤリタナゴ発見という投稿をしているが、実際のところ、こちらのアカヒレタビラの方を、少し早く捕まえていた。

投稿がヤリタナゴと前後した理由は、この捕まえた個体が、捕獲直後に弱り過ぎてしまって、とても写真なんか撮る気持ちにはなれなかったからである。

でも、飼育水槽でグングンと回復を見せ、凄い元気に泳ぎ回るようにまでなったので、ネットで掬い、アクリルケースに入れて、撮影した次第である。

このアカヒレタビラのオスも、捕獲直後の5月上旬には、腹部は黒く染まり、全身はもっともっと深みのあるメタリック・ブルーに輝き、誰の目も惹くに違いないような色彩だった。

アカヒレタビラも、私の住む茨城県の2016年発表のレッドデータでは、絶滅危惧IB類に分類されている。

このように美しい在来のタナゴ類が、近所の小川で、当たり前に釣れたり、取れたりする日が戻る事を夢見ているのは、私だけでは無いはず。

そのためには、アカヒレタビラが、産卵に好みそうな小型の淡水2枚貝(イシ貝?)の生息環境を壊さないようにしなければならない。欲を言えば、増やさなければならない。

でも、そんな事気にしている人は、世の中の全人口から見ると、ほんのひと握りなんじゃないのかな。そして、保護には、連鎖や繋がりを、ある程度予見分析出来る知識のある人達が、地元から誕生して行かないと意味が無い気がする。

地元の学校なんかで、在来のタナゴ類と外来のタナゴ類の区別や将来展望、またタナゴの種類によって、産卵に好む淡水2枚貝が違う事等を、理科の授業等で取り上げたりすれば、少し違うんだろうけど……そんな時間を作り出せないのが、多忙な現代人。

セスジヒトリ

毎年、庭の手入れの際に、この毛虫には絶対出くわす。そして、我家の庭には、かなりの数が棲息している模様。

地元育ちで、虫嫌いの妻も、ババ毛虫と愛着を持って呼んでいる事を考慮材料にも入れると、我家周辺の地域には、昔から結構馴染みの深い毛虫なのかな。

そして、今年は、とうとうこの毛虫の正確な名前を突き止めてみることにしてみた。灯取り蛾の一種のセスジヒトリの幼虫だと思うんだけど、想像以上に、ネット上の情報が少ない。

この理由には、棲息地域に偏りがあり、どの地域でも馴染み深い毛虫というわけでは無い可能性も視野に入れたい。

我家で見つかるこの幼虫の特性を以下に書いておきます。

● 捕まえると、丸くなって死んだふりをする。

● 草丈の高くない草類に付いていることが多く、木の高い所とかに這い上って生活してる気はしない。

● 昼間は目立たないけど、夜は庭の芝の上とかを、移動している現場に出くわす事がたまにある。夜行性なのかな。

ヒメヤママユ 幼虫 成虫

ちょうど1ヶ月ぐらい前に、我が家の庭手入れの際に、写真に収めていた毛虫の名前が判明したので、アップする。

ヒメヤママユというらしい。

写真に収めた時は、とても小さな毛虫に見えたけど、成虫になると、10センチ前後の結構大きな蛾になるようである。

どうも、このヤママユガ科の種類は、大型の蛾になるものが多いようであるが、その成虫のフォルム(形)と文様(デザイン)は、人間の美的感覚に通じるものが有ると感じるのは、私だけだろうか?

また、ヤママユガ科というぐらいだから、蛹の繭は、生糸の原料(ワイルド・シルク)になるんじゃないのかな。

でも、もはや生糸って何って言う時代になったよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年11月8日追記

我家の庭では、毎年、ヒメヤママユの幼虫(大抵1匹)に出くわすが、成虫には出会った事がなかった。

しかし、今年、とうとう成虫との遭遇を果たす事ができた。以下の写真の撮影場所は、我家の外灯下。この写真の個体は、先週水曜日木曜日(11/4、11/5 )の二日間、我家の外灯下に現れた。

大きさは、開帳で9センチぐらいのとても大きな蛾であった。文句なしに、今年、我家の外灯下に現れた最大級の蛾である。

と同時に、このヒメヤママユの成虫と今まで出会わなかった理由も自然と理解出来た。

この蛾の成虫が出現するのが晩秋とのことだが、こんな寒空の下、外灯に集まる虫チェックなんかこれまで当然した事が無かったからである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021年4月5日追記

過去の写真の中で、ヒメヤママユの終齢に近いと思われる幼虫の写真を見つけたので、投稿しておく。

撮影年月日は、2020年5月23日。付いているのは、楓の仲間だと思う。自宅庭で撮影。