テングスケバ Dictyophara patruelis (Stål, 1859)

昨晩、少し離れた自治体まで、ウナギ釣りに出かけた際に、足元に置いたランタンに寄って来たウンカの仲間である。

一目で初めて見る奴だと分かったので、慎重に写真に撮った。

大きさは、翅端までの全長で12-14ミリぐらいだった。結構大きい。

種名は、テングスケバ。

イネ科の植物を吸汁するとの事である。ウナギ釣りをした場所は、まさに田んぼの中の小川といった場所で、イネ科の植物には事欠かない場所であった。

最近、我家の外灯下には、イネの害虫と呼ばれる昆虫達が多数飛来しているが、このテングスケバは、まだ我家の外灯下で見たことがない。

ちなみに、生息分布の方は、本州以南……九州まで。海外は、韓国にもいるようである。

ウスイロササキリ Conocephalus chinensis (Redtenbacher,1891).

昨晩、ちょっと離れた自治体まで、ウナギ釣りに出かけた時に、足下のランタンに寄って来たバッタの仲間である。

大きさは、触角を入れずに翅端までで、3センチ行かないぐらいだったと思う。

バッタの仲間は家の近隣で見尽くした感があるが、少し遠出した場所で見つけたキリギリス類だったので、ちょっといつもより集中して、種の同定をしてみた。

すると、未投稿のウスイロササキリという種だと分かった。ちなみに、メスかなと思う。雄の方が、背の色合いが濃い気がする。

写真だと分からないが、とても長い触角を持っていた。また、触角が赤っぽい色をしているのも本種の特徴のようである。

このウスイロササキリの生息分布は、国内は、北海道から九州を経て、沖縄本島を含む南西諸島まで。海外は、韓国からの報告が上がっており、他には、極東ロシアの南の方でも生息報告が上がっているようである。

ちなみに、日本にいるササキリ亜科の中では、一番寒さに強い種らしく、11月ぐらいまで生存していたりするようである。ただ、この習性は、地球温暖化の昨今には不利に働くと予想でき、実際、ホシササキリという種に取って代わられているとの見解もある。

ケウスゴモクムシ Harpalus griseus (Panzer, 1797)

昨晩、我家の外灯下に来ていた甲虫の一つである。

大きさは、体長12ミリぐらいだったのかなぁ。

直ぐにゴモクムシの一種である事は分かったが、写真に撮ってみて初めて、毛が結構生えていることが分かった。

調べていくと、ケウスゴモクムシという種が浮上してきたが、このケウスゴモクムシの特徴として、頭楯の端に一本づつ長毛が生えているとの特徴があった。写真を見ると、確かになんか生えている気がする。この場所の毛が、近似種のヒメケウスゴモクムシの場合は、数本らしい。

ということで、上の写真の個体を、私はケウスゴモクムシと同定したのだが、果たして合っているのであろうか。

ところで、このゴモクムシの学名の登録年が古いが、このケースは、当時ヨーロッパで普通種として認識されている昆虫の場合が多いが、案の定、このケウスゴモクムシは、ほぼヨーロッパ全土で確認されているゴモクムシである。ポルトガル沖のカナリア諸島でも生息確認。他にも中央アジアの国々でも確認。そして、極東アジアでは、日本と韓国で確認されている。生息確認が上がっていない地域には生息していないという事でもないのは当たり前のことだが、大概の先進国は自国の生息生物の把握はある程度しているはずである。

そんな状況下で、このケウスゴモクムシの世界分布は、私にとっては興味深いものに感じられた。

ちなみに、国内の生息分布は、ほぼ日本全土に生息しているようである。