ヨツボシクビナガゴミムシ

最近、近隣の湿地のような場所で、このゴミムシを見かけた。

なんか初めて出会う種の予感がした。

大きさは、バッチリと記憶した。体長12ミリぐらい。

そして、ヨツボシゴミムシやオオヨツボシゴミムシ等が候補に上がったが、ヨツボシクビナガゴミムシという種類が存在する事を知った。

こうなったら、本種は、ヨツボシクビナガゴミムシである。現地での最初の感想が、首が細いなというものであったのだから…。

この首が細く進化した根拠は、小型のカタツムリを食べ易いためと、捕食シーンの写真と共にネット投稿している方が居た。確かに、頷ける。本種がいた湿地近辺に、数種類のカタツムリが沢山見かけられる。

ちょっと高いところには、ヒタチマイマイという大型のカタツムリを筆頭に、次に大きいのはウスカワマイマイという地上性の中型種。目に見える次に大きいサイズは、オナジマイマイ(コハクオナジマイマイ)という地上性のカタツムリである。もちろん、更に小さい極小のカタツムリ達もいるに違いない。

そして、この体長12ミリ程度のヨツボシクビナガゴミムシに丁度いいカタツムリというと、オナジマイマイが相応しく思う。ウスカワマイマイは、大きいものは案外大きく、ズッシリと重量感がある。その重量感を細首で支えれるかなと、ちょっと思った。

ここで、自分なりの仮説がひとつたった。コハクオナジマイマイは、比較的新しい国内移入種であり、オナジマイマイは、東南アジアを原産とする外来種と言う人達も居る。ただ、このオナジマイマイは、東南アジアにいるものと同種でも、もう太古から日本列島にやって来ているカタツムリなのではと思いたくなる時がある。(そして、コハクオナジマイマイと言われているカタツムリも、オナジマイマイの色素が薄く遺伝するタイプなのではと思いたくなる時がある。)

自分なりの仮説というのは、このオナジマイマイという小型のカタツムリは、古くから日本に生息しており、ヨツボシホソクビゴミムシの首の進化のプロセスにも随伴して来た可能性はないかという仮説である。

まぁ、そんな私の仮説は置いておいて、このヨツボシクビナガゴミムシは、都道県が独自に定めるレッドデータでは、千葉県、大阪府、京都府が、絶滅危惧Ⅰ類に、東京都、神奈川県、群馬県、山形県、が、絶滅危惧Ⅱ類に、埼玉県が準絶滅危惧種に指定している小さめのゴミムシである。

エンコウカエデ 加波山 標高500メートル辺り

もうかれこれ3週間以上経つが、家族4人で近隣の低山に登山に出かけたことがあった。

登山なんかするのはいつぶりだろう?ちょっと思い出せないぐらい昔のことなのかもしれない。

標高50メートル辺りから歩き始めて、頂上の709メートルまでの間に、どんな植生の変化や昆虫層が広がっているのか、ワクワクする気持ちでいっぱいで出かけた。

昆虫を始めとした動物の類には、それほど出会えなかったが、満足の行くだけの植物には出会える事ができた。

では、登山中に出会った個人的に気になる植物を紹介していこうと思う。

登りも下りも、野生と思われるイロハモミジやオオモミジに出会わなかったが、下りに選んだ自然林を通るルートで、標高500メートル辺りで出会った。

切れ込みの深い葉のカエデは、頂上付近のコハウチワカエデのみだったので、何だろうと気になったが、直ぐにエンコウカエデかと分かった。

エンコウカエデというのは、寒い地方や高山に生えるイタヤカエデの亜種で、その中では、珍しく葉の切れ込みが凄く深いタイプのカエデである。岩手県以南の太平洋岸と、南西日本では高地に生えているとのことである。

この山系では、隣の筑波山でも、エンコウカエデを見て、普通のイタヤカエデでなく、エンコウカエデのタイプが自生しているのかと思った記憶がある。

エンコウカエデを、漢字で書くと猿猴槭。猿も猴も猿のような動物を意味する言葉らしい。人形浄瑠璃の世界では、猿猴は手を意味するとも書いてあった。

近くには、こんなカエデもあったが、こちらもイタヤカエデやエンコウカエデの一種だと思われる。

ウリカエデ 加波山

もうかれこれ3週間以上経つが、家族4人で近隣の低山に登山に出かけたことがあった。

登山なんかするのはいつぶりだろう?ちょっと思い出せないぐらい昔のことなのかもしれない。

標高50メートル辺りから歩き始めて、頂上の709メートルまでの間に、どんな植生の変化や昆虫層が広がっているのか、ワクワクする気持ちでいっぱいで出かけた。

昆虫を始めとした動物の類には、それほど出会えなかったが、満足の行くだけの植物には出会える事ができた。

では、登山中に出会った個人的に気になる植物を紹介していこうと思う。

直ぐに、名前は、ウリカエデと分かった。過去に、カエデ類にハマった時代があって、高山にドライブに行っては、色々なカエデに魅了された時代があったことから、名前や特徴を知っていた。

ウリカエデの名の由来は、幹肌が瓜の縦縞みたいな紋様になるとことから来ているはずである。

今回登山した山では、標高100メートルから400メートルぐらいの間に高頻度で集中してあった。ただ、場所によっては、もっと高地に生えているのも知っている。

ここで、気になるのは、標高400メートル以上600メートル以下の辺りに、ウリカエデと思いたいけど、ちょっと疑問符の残るカエデがあった。ウリカエデのような出立ちで、葉を小さくしたカジカエデのようなカエデであり、どことなくミネカエデっぽくも見えるカエデであった。

以下に、ウリカエデの変形と思われるカエデの画像をアップしておく。