オンブバッタ

このバッタも、我が家の庭での生息数は多いバッタである。その名も、オンブバッタ。

以下に褐色型も載せておく。

どちらの写真も、我が家の庭で撮られているが、少し、このオンブバッタについて書く事にする。

ほとんどの人は、このオンブバッタと似た種類のショウリョウバッタの違いが分からないと思うが、ショウリョウバッタの方には、角張ったゴツゴツしたイメージを持っていて良いかもしれない。一方、このオンブバッタは、華奢で少しフニャフニャしたような外観をしてると思ってもらって良いかもしれない。そして、オンブバッタの方がメスの最大長5センチ弱とずっと小さい種類である。

食性の方は、ショウリョウバッタの方が、イネ科植物を全般に餌に出来るのをはるかに超えて、オンブバッタの方は、大抵の植物を餌に出来るようである。

各種天敵に捕食される中で、天敵が現れにくい場所への進出を視野に、どんどん進化していった歴史が有るのだと考える。

今回は、オンブバッタの名前の所以であるおんぶ状態の写真が紹介出来ていないのが残念である。

コメントを残す