アカサシガメ 幼虫 成虫

数日前に庭の草むしりをしていた時に、鬱蒼と雑草が茂る一帯を開拓中に、この派手な昆虫が現れた。

最初は、蜘蛛かと思い、蜘蛛で検索を続けるもヒットせず、そのうち、偶然にもサシガメの幼虫が、このような姿をしている事を知り、この幼虫がアカサシガメの幼虫であることが分かった。幼虫は、殺さずに放置したので、そのうち成虫になった姿を見せてくれればなと期待している。

ところで、皆さんは、サシガメなる昆虫を知っていたであろうか?正直、私は最近知った。ヒロヘリアオイラガの天敵として、外来昆虫であるヨコヅナサシガメなるサシガメが、かなり実績を上げるという研究論文の紹介を読んで、サシガメという昆虫を知った次第である。要は、肉食性のカメムシといったところなのかな。

鋭く突き出た口で、イモムシやケムシを始めとした小昆虫を突き刺し栄養分を吸汁する生態を持っている昆虫が、サシガメである。

1、2ヶ月前に、我が家の庭に、アカイラガの幼虫が大量発生してる投稿をしたが、その後、大きく育ったアカイラガの幼虫を、殆ど見る事がない。私の予想や期待以上に捕食者に食べられてしまっているのかなと想像し、今回の投稿の主役であるサシガメの仲間も一役買ってくれてるのかなと思うと、我が家の庭の重要な一員として、大切に付き合って行きたい昆虫として、今後も見守っていきたいと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年4月27日追記

最近、アカサシガメの成虫と思える個体に出会え写真に収めたので、アップしてみたく思う。

 

“アカサシガメ 幼虫 成虫” への2件の返信

コメントを残す