アカシジミ 成虫

最近、近隣の雑木林では、この蝶を見かけることが出来る。

前翅長で22ミリぐらいで、シジミチョウの仲間の中では大きめの方なのではと思う。

習性として、幼虫はクヌギやコナラやカシワ等のブナ科の樹木の葉を食べて育つとの事だが、私がこの蝶を数匹見かけた雑木林も、コナラやクヌギが沢山生えている。

卵で越冬し、ちょうど今頃の5月〜6月に見れる蝶である。雌雄で色彩や形態の違いは殆どなく、翅の表側は、オレンジ・メインのカラーリングになっている。

“アカシジミ 成虫” への1件の返信

コメントを残す