オオユスリカ ? 雄

昨晩、家の近所の外灯下で見かけて、写真に撮っていた。

大きさは、触角の先から尾の先までで、1センチぐらいだったと思う。直ぐに、ユスリカの仲間であることは分かったが、蚊の仲間にしては大きいというのが、第一印象である。

あとは、何ていうユスリカの種類かという事であるが、蚊の仲間も、ハエの仲間同様に、しっかりとした種の分類がされていない印象である。

ネット上の写真や記事を参照すると、オオユスリカの雄というのが妥当なのではと思った。

幼虫は、大きな池や湖に生息するとの事だが、大きな湖や池が、どれぐらいのサイズを指しているのか分からないが、直ぐ側にそれらしきものは存在しない。

ただ、ユスリカ類の幼虫は、所謂、川釣りをする人なら絶対知っているアカムシというタイプである。この、アカムシなら、家の池やタライの中でも、自然に発生しているのを見かけるが、そうしたアカムシが、どのユスリカになる等の実験や研究の記事は、ネット上では、パッとは見つからなかった。

コメントを残す