クサギ

少し古い写真を整理していたら、丁度花が咲いている頃合いを写した樹木の写真が目に付いたので投稿してみる。撮影年月日は、昨年の8月3日となっている。

私の率直な感想……この時、花が咲いていたから、クサギという種類に行き着いたが、葉だけの時期だと、キリの仲間とか、葉の大きいアカメガシワとか言ってしまいそうで、種の断定に自信が持てなかったと思う。

ただ、これには理由があって、私は、これまで、クサギにそれほど出会って来ていないのか、クサギのサンプルみたいなものが頭の中に組み込まれてない事によるのかもしれない。実際、クサギの花が咲く真夏の季節にも、仕事がら多くの土地を車で通っているはずで、車窓に広がる四季の移り変わりを自然と実感できるのだが、花が満開に咲き誇るクサギを目にした覚えがない。もちろん、気が付いてないだけかもしれないが……私の暮らす近辺には身近に、そんなに生息していないような気もしてしまう。

最後に、クサギという名前の由来は、葉を揉むと嫌な臭いがする事からきているという事だが、どんな臭いがするのか、今度クサギに出会った時には、自分の鼻で感じてみたく思う。

“クサギ” への2件の返信

コメントを残す