ヒメセダカカスミカメ Charagochilus angusticollis (Linnavuori,1961)

最近、我家の外灯下に来ている極小のカメムシの仲間である。

最初は、極小のハエの仲間なのかと思っていたが、よく見るとカメムシっぽくも見えるし、カメムシの仲間を当たっていると、ヒメセダカカスミカメとい該当種を見出せた。

大きさは、体長3-4ミリ。

カナムグラやカラムシの類に集まるとの紹介を、ネット上で読んだ。

尾端のフラットさが、特徴のカスミカメである。

生息分布は、日本、韓国、近接アジア諸国の一部といったところであろうか。

コメントを残す