ギンモンシマメイガ  成虫

昨晩、雨がシトシト降り始める中、家の外灯下を覗いた時に、初見の蛾達が数匹止まっている事に気が付いた。

以下の蛾も、そのうちのひとつである。

名前は、ギンモンシマメイガ。写真は拡大してしまっていてイメージが湧きにくいと思われるが、大きさは、前翅長1センチにも満たない小さな蛾である。

ところで、いつものように、幼虫の食草はと調べた時に、少し変わったものを餌にしている事を知った。スズメバチ科のハチの巣を食べて育つとのことである。スズメバチ科ということになれば、スズメバチやアシナガバチの巣を食べていることになる。

我が家の庭には、アシナガバチの巣は結構あるが、スズメバチの巣どころかスズメバチが飛んでいるのも見たことがない。ただ、数日前に、初めて庭でスズメバチを目撃した。何処か近場に巣でも作ったのかと勘ぐっていた矢先である。

ところで、スズメバチと言えば、昨日、雑木林でスズメバチの攻撃を受けたのを思い出した。威嚇ではなく明らかな予告なしの攻撃であった。

何で怒りを買ってしまったのかは分からないが、突然、黒い物体が頭にぶつかってきた。とにかく1回目の攻撃で、刺すことに失敗してくれたのがラッキーだった。あとは、一目散に逃げたが、10メートルぐらいは、頭に攻撃しようと追いかけて来た。

とにかく、刺されないで済んだのがラッキーだった。

コメントを残す