クロモンキノメイガ(成虫)

10月の前半に仕事先で撮っておいた蛾と思われる昆虫の名前が判明したので、ここで投稿しておく事にする。

写真のデータでは、撮影は、本年10月10日となっている。

くちばしが映っていない事と、前脚が異常に長く見える事から、一瞬、蛾なのかと疑いたくもなるが、おそらくクロモンキノメイガというとても小さな蛾の成虫であると思われる。

幼虫は、広食性で様々な植物の葉っぱを食べるらしい。ネット上で幼虫の写真を見ると、巻かれた葉っぱを解くと出てくるタイプのよく見かける幼虫である。ただ、似ている幼虫も沢山居るであろうから、個人的には、いつか幼虫が成虫になるまで飼育してみないと、正確な幼虫の断定は出来ないと感じる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年10月7日追記

本日、クロモンキノメイガの成虫と思われる写真を撮った。奇しくも、昨年と殆ど同じ時期の遭遇となる。

以下が、本日撮った写真である。前翅長10ミリぐらいの小さめの蛾であった。

“クロモンキノメイガ(成虫)” への1件の返信

コメントを残す