ヒメキンミズヒキ

最近、近隣の雑木林で、ふと目に止まった。

そろそろ、一般的な赤い小花を咲かせる所謂ミズヒキの開花も目立ち始めたが、この黄色のミズヒキも数は少ないけど存在する。

花数の疎さと花茎の細さから、ただのキンミズヒキではなくヒメキンミズヒキなのではと思うのだが、どうなのであろう。

葉の形は、ヒメキンミズヒキの特徴である丸っこい葉には見えず、少し先尖りの葉も多いが、よく写真を見ると葉先が丸い葉も見て取れる。

この植物も、なんとも繊細で日本人好みの風流さを感じさせてくれる植物の気がする。

もし、我家の庭に植栽するとしたら、何処にどれぐらいの株数を植えれば良いのであろうかとの、私的には、幸福な空想の時間をもたらしてくれる植物である。

でも、そんな気持ちになれない、余裕の無い日もある。

コメントを残す